胸キュン❤️イルカ学

たまにやってる

胸キュン❤️イルカ学
(今回は大人のイルカ学?)

今日はとってもお盛んなイルカたち
こんなにばっちり、
お腹を見せて👀、魅せてくれました。

この写真からわかること。
お腹しろーい、私の肌より、イルカクラブのキャップより、よっぽどまっっっ白!
艶々、美しいですね🐬

たまに、白いイルカもいるんですね、と言われますが、天草にはいません。
お腹を上にして背泳ぎをしているときに、そう見えただけです。
全身が白いイルカと言えば、ベルーガ(白イルカ)が有名です。
ほかには、アルビノと呼ばれる突然変異のみ。

さて、1/13 のこの記事

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=996267650577849&id=498332160371403

に書きましたが、「ミナミバンドウ」イルカの特徴として、お腹にまだら模様があるよ、と書きました。
が、実はこれは若いときにはないんですね。
しかも、年を重ねてもどうやら個体差もあるみたいで、はっきりそれ、とわからないときもあります。

スリットは1つに見えるので、雄でしょう。

こんだけ綺麗に撮れたから、お臍も写っていたらよかったけど。。
ざんねん、判別できない。

そうです、イルカは私たちと同じ哺乳類でおへそも、臍の緒も、胎盤もあります。
おへそは、生殖孔スリットよりも、まだ上のほうにあるんですよ!

お臍がわかる写真が撮れたらまたアップしますね!

子どものゲストは、「イルカたち元気に遊んでるー」って喜びます!
確かにそう、見えるし😀間違いでもない。
小学生高学年くらいなら、繁殖についてちらっと説明したり、しなかったり。

ちなみにこのイルカのまわりには、ほかに4頭イルカたちがいて、水面下でもやんや、やんやと絡んでいるんですよ。
いろいろ想像してください
(*≧∀≦*)

若オス同士で、【練習】しているときもあるのだ!
あそこが丸見えのときもあるだ!
イルカたちは多夫多妻なのだ!
イルカたちはタフ多才なのだ!

まとめ
若いオスが 乱舞中(*‘ω‘ *)

天草ドルフィンリングの最新情報をお届けします

イルカの聖地天草の専従イルカガイドツアー

船に乗って見に行くだけではものたりない!イルカウォッチングの本当の魅力を十分に体験したい!
そんなイルカ大好き、自然大好きな方々に、世界中のイルカスポットを旅した、イルカ大好きガイドの高崎ひろみが、乗船前のオリエンテーションから乗船後のフィードバックまでゆっくりとご案内!

天草ドルフィンリングだけのオリジナルのガイドで天草のイルカたちの魅力をお伝えます。